仏壇というと、田舎の実家の奥においてある、存在感のあるものという印象があります。

こんな形態があればいいのにと思う仏壇

こんな形態があればいいのにと思う仏壇

45才、男性のエッセイ : 仏壇というと

仏壇というと、田舎の実家の奥においてある、存在感のあるものという印象があります。ご先祖様など亡くなった方を供養するものですから、それなりの格式が必要になるので、必然的に存在感も大きくなるのも当然ということができます。

しかし、最近の住宅事情を考えると、仏壇を置く部屋を一部屋キープすることは簡単ではありません。実際に、押入れを改装して、普段は押入れの中に隠れるようにしておき、線香をあげる時にだけ、部屋から見えるようにする、というようにしている知人もいます。また、災害などのいざという場合、仏壇ごと避難することは難しく、結果的に位牌だけを持って逃げることになるのが現実です。

そこで、普段の供養にしても、タッチパネル式の立体映像の仏壇があるといいと思うのです。
これなら、必要な時に必要なところで供養できますし、持って逃げるのも簡単です。
位牌など、重要なものについては、現実のものと組み合わせればいいと思うのです。

Copyright (C)2018こんな形態があればいいのにと思う仏壇.All rights reserved.