仏壇といえば、大抵は黒を基調とした面白みのないデザインです。

こんな形態があればいいのにと思う仏壇

こんな形態があればいいのにと思う仏壇

63才、男性のエッセイ : 仏壇といえば、大抵は黒を基調とした面白みのないデザインです

仏壇といえば、大抵は黒を基調とした面白みのないデザインです。

名古屋の方では、やたらと派手で金色の仏壇もあるそうですが、一般的には黒が多いでしょう。今は、家の存続、先祖を守るといった意識が希薄になってきて、個性を重視する時代でもありますので、もう少し個性的なデザインの仏壇があっても良いと思うのですが、仏様をまつるものですので、なかなか冒険はできないのでしょう。
黒は、どんな部屋にもマッチするようなイメージがありますが、明るい色合いでコーディネートした洋室には、お世辞にも合うとはいえません。そのため、普段は使わない和室などに、ひっそりと置かれることが多いような気がします。
もしも、許されるのであれば、一人で簡単に持ち歩けるほど小さくて、インテリアとしても違和感がないような、デザイン性の優れた仏壇があればいいなと思います。観音開きは良いとしても、取っ手の部分に可愛らしい装飾が施されているとか、いっそのことピンクやオレンジなどの、明るいカラーの仏壇とかがあっても良いと思います。仏様が黒が好き、とは限らないのですから、遊び心を取り入れても良いのではないでしょうか。
ランドセルも、私が若い頃は黒と赤しかありませんでしたが、今は何十色とあります。同じように仏壇も、何年か後にはカラーラインナップが豊富になっているかもしれません。

Copyright (C)2018こんな形態があればいいのにと思う仏壇.All rights reserved.