田舎に帰った時必ずすることとしては、お仏壇に手を合わせることです。

こんな形態があればいいのにと思う仏壇

こんな形態があればいいのにと思う仏壇

44才、男性のエッセイ : 田舎に帰った時必ずすることとしては、お仏壇に手を合わせることです

田舎に帰った時必ずすることとしては、お仏壇に手を合わせることです。
子供の頃から必ずするように言われていて、身についていました。
子供の頃はただ手を合わせていただけですが、大人になってくると、少しずつご先祖様と話しができるようになりました。

田舎のお仏壇は、和室にでんと構える立派なものです。
確かに立派でいいのですが、もし自宅に置こうと思うと、部屋をかなり占領してしまいそうだと思いました。
コンパクトなものがあれば助かると思いました。

便利なものとしては、移動できるものです。
普段は部屋の隅に鎮座してもらい、お盆であったり、命日には大広間に移して手を合わせることができます。小型のものでしたら、持ち運びもできて助かりそうです。

その他には、洋室のリビングにあったものがいいように思います。通常のものは和室にはぴったり合うのですが、洋室に置こうとすると、かなり違和感があります。ウッド調の家具のようなお仏壇があれば、洋室にも違和感なく置くことができそうです。

Copyright (C)2018こんな形態があればいいのにと思う仏壇.All rights reserved.